【仮面ライダーセイバー】30話「絆、切り裂かれても」感想

ついに仮面ライダーセイバーも30話まで来ましたね。

バラバラにされたノーザンベース組も2名を除いて再集合しましたし、ここからマスターロゴスへの逆襲が始まりそうです。

倫太郎への新たなる試練

家族当然だったソード・オブ・ロゴスから離れ、ノーザンベースへと戻ってきた倫太郎。

本人的には負い目があるらしく律儀に謝罪していましたが、倫太郎と関わりのなかったユーリ含めて気にしていない素振りをしていました。

倫太郎の立ち位置的には仕方がない状況でしたし、尾上さんと大秦寺さんも当初はマスターロゴス側に付いていた訳ですから、倫太郎だけが責められることはないですよね。

ただ、倫太郎的にその優しさが辛くなることもありそうだなとは思いました。

その後食べたエクレアは涙の味がしていたようですが、倫太郎にとっては思い出のエクレアになりそうですね。

 

そんな倫太郎に襲いかかる新たな試練は、芽衣がメギドにされてしまうことでした。

頼りのユーリは古き友人タッセルを探しに行き連絡が取れず、飛羽真も今のところ完全な分離は行えないという悲しい現状。

尾上さんが蓮を探しに行ったため戦える剣士も2人だけなので、芽衣を助けるどころかメギドを倒すことにも苦戦しそうな戦力。

その上ズオスも出てきた訳ですから、勝ち目がないのは本人達じゃなくても分かってしまいますよね。

最終的には倫太郎がズオスを捨て身で抑えかかり、ネコメギドの分離を飛羽真に任せようとしましたが、飛羽真は見捨てることが出来なかったらしく倫太郎を庇ってしまいます。

飛羽真の性格的には仕方ないですし、私としても今回の展開は納得できるんですが、当の本人からしたら「どうして芽衣さんを助けてくれなかったんですか」となりますよね。

ズオスを抑えかかった時点で倫太郎的には死ぬ覚悟を決めていたんでしょうから、芽衣より自分を優先されてしまったのは予想外だったのでしょう。

とはいえ、それで芽衣を救っても喜ばれないでしょうから難しい話です。

真の力を開放するために

芽衣をネコメギドから分離するために火炎剣烈火の力を解放する飛羽真でしたが、火炎剣の本来の力を完全には引き出せていないのか分離させることはできませんでした。

以前力を開放した時は双子を取り込んだ特殊なメギドだったから完全に分離できなかったものだと思っていましたが、そういうわけでもないようですね。

そうなるとユーリの力が必要不可欠なわけですが、当の本人はタッセル探しに出かけており助けに来る可能性はなさそうです。

飛羽真は分離能力が不完全で倫太郎も感情的になってる、こんな状況からどうやって芽衣を助けるのか気になりますね。

公式ブログにある飛羽真と倫太郎が剣を交えているシーンが鍵になりそうです。

キングライオン大戦記

飛羽真とソード・オブ・ロゴスが対立し始めてから変身する機会が全くなかったキングライオン大戦記。

ここ最近変身する機会が増えた感じはありますが、強化フォームとは思えない戦績が続いていますよね。

セイバー以外の剣士達が強化フォーム抜きで戦えているので、「もう少し善戦してもいいのでは」という気持ちがあります。

キングライオン大戦記は次回も出てくるようなので、そこで今度こそ活躍して欲しいですね。

仮面ライダーセイバー DXキングライオン大戦記ワンダーライドブック